So-net無料ブログ作成

広州日報(翻訳) [中国TVドラマ《最佳前男友》]

 ちょっとずつ8/6に受けたインタビューや雑誌のモノを付け足していきますね。ファンミの時の気持ちが一番近いジェリーの気持ちですが、今の所ファンミでのインタはないのでね。






8/6に受けた取材の中の广州日报


 ジェリー「元恋人」について語る:「復縁」に関して絶対こうという事はない

 仮想恋愛バラエティー番組《我们相爱吧》への出演を逃したが「恋愛したい。」と率直に話す。

 多くの人たちの考えからすると、元カレ元カノのどちらも恋愛のタブー領域であり、元カレに対しては「カス男」等の批判めいた言葉が使われるほど。しかしテレビドラマ《最佳前男友(最高の元カレ)》の中では、元カレの頭に「最佳(最高)」と付くだけでなく、相手と復縁をして結果ハッピーエンドとなる。一昨日このドラマは深圳にて初放送発布会を開催、「最高の元カレ」の言承旭(ジェリー・イェン)は広州日報と広娯大本営が取材した際に、自分は元恋人とお互いに言い争うような道を選ばない、「かつては愛し合っていたのだから、僕は相手の良い部分を見るほうが好きですね。そうすれば後の想い出の中でも、彼女は自分が付き合うに値する人だったということですから。」と話した。「元恋人」と復縁が可能かどうかという話題についてジェリーは、絶対こうという固定観念は無く、何といっても「正しい相手」と「正しいタイミング」こそが重要だと考えていた。このドラマは8月15日に深圳卫视で初放送されるそうだ。

 アイドルドラマを拒んだ事も

 「『アイドル』と馬鹿にされていたから」

 広州日報:《最佳男朋友》の中で、あなたが演じた李唐(リータン)はまた俺様的な総裁役のようで、皆は「道明寺」を思い出すでしょう。あなたはこの2つの役柄に似ている部分が多くあると思いますか?

 ジェリー:僕はそんなに深くは考えていなくて。道明寺の役からはもう随分経っているのでね。それに僕はこのリータンは全然俺様総裁な役柄だと思っていなくて、どちらかというと幼稚でガキっぽい性格だと考えています。実際このドラマを演じたいと思ったのは、この役柄が子供っぽくて面白いと感じたから、部分的には自分の人生の縮図だと言えるところもあります。

 広州日報:あなたの性格の中に子供っぽい部分が隠れていると?

 ジェリー:ある部分では幼稚です。普段たぶん皆さんが見ている僕はクールだったり個性的だったりで、子供っぽい部分は見られていないんじゃないかな。

 広州日報:あなたは出演作をどんどん増やすタイプの俳優さんではありませんが、これは役柄選びに何か拘りがあるから?

 ジェリー:一時期はアイドルドラマを避けていました。でもここ数年で少しずつ感じたのは、どうして僕が「これはアイドルドラマなのかどうか?」といちいち深く考えなければならないのだろうかということ。今気にしたいのは、このドラマが僕にとって何を意味しているかですね。《恋恋不忘(星に誓う恋)》では、母が喜んで視聴していました。この様な役柄を撮影した事で、まるで母に寄り添っているような感じがして。これは僕の人生においてとても重要な事となっています。

 広州日報:以前アイドルドラマを避けていたのは《流星花園》関連が理由で?

 ジェリー:以前ずっと「アイドル」と馬鹿にされていたから、努力して皆さんに演技に真面目なところを見て貰いたいとすごく思っていました。

 元恋人と罵り合う事は無い

 「相手の長所を見る方が好き」

 広州日報:あなたから見て、どのようにしたら「最佳前男友(最高の元カレ)」と言えますか?

 ジェリー:「最佳前男友(最高の元カレ)」は沢山の違った形がありまえすよね。だって愛の表現方法は皆がそれぞれ違うから。僕はリータン役を気に入っています。彼は過去の想いを忘れずに彼女の傍にいて黙々と見守る、それが僕の心に響きました。

 広州日報:今ネット上では元恋人を罵るのが流行っていて、例えば「我的前任是极品(元恋人はヒドイ奴、←このタイトルの番組もある)」等について、あなたはどう見てますか?

 ジェリー:もちろん賛同しません。かつて2人は付き合って愛し合っていたのですから。僕は相手の良いところを見る方が好き、そうしていれば後で思い出した時に、自分が付き合うに足る人だったと思うでしょ。たとえ今は付き合うことが出来なくても、彼女にも悪いところが無い、そしたらお互いを傷付け合うようにはならないはずだと思います。

 広州日報:好马不吃回头草(直訳は「立派な馬は後ろを向いて自分が踏んだ草を食べたりしない」、意味は「未練を残すな」。)という言葉がありますが、あなたは「復縁」をどう考えますか?

 ジェリー:僕は物事に絶対はないと思う。正しい相手同士だった2人が正しくないタイミングで出会った時には、必ずしもちゃんと付き合えるとは限らないから。恋愛で一番楽しいのは、相手を本当に愛すること。その人を楽しくしてあげられるなら、僕は満足感十分ですね。以前は本当に未熟だった。前は義理を重んじていて、例えば友達のために身近な彼女の気持ちをなおざりにしていた。たぶん彼女は僕と彼女のお父さんとの食事を望んでいたかもしれないのに、僕は失恋した友達を慰めるほうがどちらかといえば重要だと思っていて。今もし僕にもう一度選ばせてくれるなら、彼女のお父さんお母さんと一緒に食事をするはずです。時に僕らは相手のためにどれだけ寛大になれるか、又は相手のためにどれだけ成長出来るかと、互いが恋人のために良いほうに変わりたいと願うんですよね。

 バラエティー番組への出演を逃して残念

 「番組で異性と知り合いたい」

 広州日報:あなたがリアルバラエティー番組《我们相爱吧》に出演するという噂を聞いたことがありましたが、あれはスターに恋愛をさせるという番組で、あなたは現れず。その原因は?

 ジェリー:あの時僕は本気で《我们相爱吧》に出演したいと考えていました。でもドラマの撮影があったので出演を逃して。当時は今やっている仕事のほうを重視したかった。プライベートの僕は馬鹿で可笑しいから、リアルバラエティー番組で自分の真実の部分も出したかったですね。

 広州日報:今このような方式で恋愛をしたいという気持ちは強いですか?

 ジェリー:そうですね。番組に出演し、番組を通して異性と知り合いたい!なぜなら僕らが異性と知り合うのは凄く難しいから。芸能界以外で、僕らが誰かと知り合ったり又は友達を作ることは出来ないですよ。

 F4の再結集に期待

 「仔仔は僕ら4人の中で一番変わった」

 広州日報:以前F4が再集結して年越しイベントに出演した時はステージ下にいた多くの女性が泣きました。あなた達はステージ上で何を感じました?

 ジェリー:音楽が流れて、僕ら4人本当に多くの普通とは違った追憶がありました。もしチャンスがあれば僕はまた皆で集まりたい、僕自身すごく期待してしています。仔仔(ヴィック・チョウ)は4人の中で一番変わりましたね。彼のこの数年は人生における重大な転換期であり、経験した事柄というのは、きっと僕らの想像を越えたものだったんでしょう。

 広州日報:あの時の再集結以後、どうしてまた再結集しないのですか?

 ジェリー:真剣に立ち上がって相談をしようという人が誰もいない、僕ら4人の会社に真面目に話しを持ってくる製作会社が無い、だから話しが冗談のまま停滞していますね。

 広州日報:あなた達4人の中で誰が一番この話しを進める力があるでしょうか?

 ジェリー:吴建豪(ヴァネス・ウー)。彼が一番マメに僕らと連絡を取るから、実にピッタリな役だと思う。

 社会から外れていると自嘲

 「PC関係は本当に無知」

 広州日報:あなたは通常SNS等に顔を出すことが少ないですよね?どうしてこの方法でファンと交流を深めようとしないんでしょうか?

 ジェリー:僕が朋友圈(FaceBookやLINEだとフレンドみたいな)を更新しないという人がいるけれど、僕は更新どころか使っていないですよ。メールボックスもありますが普段は使っていない、僕は社会から外れているんです。

 広州日報:更新して分かち合う事を好まない理由は?

 ジェリー:いえ、分かち合う事が嫌いなんじゃなくて。普段やらなきゃいけない事が多くて、携帯を持っている時間がないんです。

 広州日報:そういう生活は「ご隠居さん」と言えるのでは?

 ジェリー:本当にご隠居さんですね。僕はたぶん融通がきかない、これが僕自身の生活です。普段の生活の中で、自分の空間が必要で、自分が好きなことをしたいんですよ。PC方面は本当に無知な人です。
-------------------------------------





 そうですねえ。私が思うに、リアルバラエティー番組は出たくなかったんじゃないかな~。もし頑張って出ていればもっと大きなテレビ局でドラマ《最佳前男友》を放送してもらえたような気がしてます。せっかく良いドラマだったのに放送されたのが視聴率を狙えないテレビ局だったのが惜しい。とはいえ視聴率も3倍~4倍ぐらいには伸びましたけどね。ファンタジー時代劇と抗日ドラマの中で台湾俳優主演が健闘しました♪







nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 4

ちょろまさ

・「復縁」に関して絶対こうという事はない
・「正しい相手」と「正しいタイミング」こそが重要
・以前は本当に未熟だった…etc
ジェリーの言葉の数々と、チーリン姐姐のブーケを以前は全力で辞退していたのにキャッチし、いよいよ婚期が近づいたのかな?と思わされている…etc
などの話を見て、もしかしてもしかしたら
チーリン姐姐との復縁もあり得るのかしら?と思ってしまったのは私だけでしょうか!?
by ちょろまさ (2015-10-14 13:26) 

わたね

minakoさん こんばんは。
長い翻訳ありがとうございました。
今年は雑誌も写真集もカレンダーもない秋を過ごしているので
淋しく物足りなかったので、こうしてjerry のインタビューを読めるととても幸せです
by わたね (2015-10-14 18:55) 

minako-chang

ちょろまささん♪

>「正しい相手」と「正しいタイミング」こそが重要

そうなんですよね~。これ↑って2011年にチーリンが言ってた事と同じ。
ジェリーにとって「正しい人」の中に彼女が入っているのは間違いないですね。
ただ今の所、これまで生きて来た中で彼の「正しい人」は一人だけなのかどうか~
タイミングが合うのは、今まで出会っている人か?これからの人か?
それともずっと1人と温めているのか~
色々な見方があって、興味深いですよネ(^v^)



by minako-chang (2015-10-14 23:09) 

minako-chang

わたねさん☆

ほんとカレンダーが出てこなくて寂しいですよネ(-_-;)

なので8/6のインタの幾つかを掘り出しますね♪♪
ゆっくり進めて行きます(^v^)
by minako-chang (2015-10-14 23:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。