So-net無料ブログ作成
検索選択
他番組・他明星 ブログトップ
前の10件 | -

中国史劇《花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~》第14話まで見た♪ [他番組・他明星]

 第九話までに続き第十四話まで視聴しました♪

 LaLaTVのHP
花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~
http://www.lala.tv/programs/the_journey_of_flower/



 大方の予想通り11話で花千骨は白子画の内弟子に決まりました♪(笑)


 孟玄朗、長留の修行の時にコネで入り、その後はお家事情で途中で戻ってしまっていた彼、皇室のお子だった!次男でオキラクに過ごしていたはずが、父の希望で兄を差し置き皇帝を継ぐことに…!



 父親を呼ぶときは「フーチン(父亲)」、「バー(爸)」、「ディエ(爹)」が聞き覚えあったけど孟玄朗が言う「フーファン」って父●は何だろうと思ったら「父皇」だった。なるほど御父上が皇帝だと「フーファン(父皇)」なのか~。ほぼ時代劇見ないもんだから。



 今のところ見ていてかなり楽しみな「姐姐」シーン♪ 





 姐姐は花千骨に何度か「もし何か困った事があったら私を呼ぶのだ」、しかしピンチは数多くあれどまだ一度も呼ばれたことはないXD
 七殺派を率いる殺阡陌、前に自分を聖人と言っていたけど、白子画たち仙人界とは違う世界みたい?七殺派はお宝を集めて世界征服しようとしているところ、宝を集めるために仙人界に喧嘩を吹っかけているようだけど姐姐はそのトップだというのに何だかその気はないみたい…でも部下は戦う気満々だけどどうなっちゃうんだろうか~



 最初はお友達だった満天。花千骨は彼女と元の仲に戻るよう頑張っていたけれど、白子画に迷惑が及びもう我慢の限界に。



 むしろようやくか、という感じ。毎回満天に友達だと言っている花千骨にイラっとするほどだった…。満天は七殺派の手のものに操られそうだけど…



 白子画に想いを寄せる夏紫薫。五仙人の仲間の1人だけど、白子画は仙人としての修行があり禁恋愛だというのに、いつもいつも自分の想いをぶつけてばかり…。彼女も一応は誰かに修行を受けた仙人なんだよね?好きならもう少し相手の事を考えてあげたらと思うが(汗)



 あらま!




 糖宝はこれまでお母さんの意味で「にゃんち~ん(娘亲)」と花千骨を呼んでいて、孵化(?)してからは愛称の「骨头」と呼んでいるけれど、日本語字幕では「お母さん」で変わらない、これ正解だと思うし、字幕を付ける方はこういう細かいところでも考える事が多くて任務重大なんだな~と思いました。

 その糖宝と、遠くを見られる能力を鍛えている最中に白子画の沐浴現場を見てしまう、というサービスシーン。





 リータンのシャワーシーンを思い出したりして(笑)

 内弟子になってからは2人で生活と修行だったけれど…。クールな師匠に教わるダメダメ生徒…岡、エースを狙え!違う違う(笑) 



 弟子たちは人間界へ修行に出ることになった。この中に七殺派の手の者がいると白子画は気付いて、それを突き止めるもの目的らしい。でも花千骨は全く気が付いていない感じ。


 修行の道中は魔法、もとい術を使ってはいけないというルール。人間に恐れられてしまいますものね。そんな中、皇室に辿り着き、花千骨ら弟子たちは孟玄朗と再会。

 皇室内部に入り込んでいる東方彧卿、花千骨を好きな孟玄朗とお互いに彼女を巡って勝負となるらしい。孟玄朗、こ、皇帝だよね?(爆)




 七殺派からお宝を保管している掌門たちに挑戦状が届いたらしく、来週はその対決になるのかな?メインとみられるところはあまり動きませんでしたね。

 クールな白子画、元々のウォレス・フォの(私の中の)イメージとは全く違うので面白く見てます♪でもたびたび出てくるチャオ・リーインの劇中の「ニコッ!アハハ!ウフフフ!ニコッ!」っていう無邪気さの演出は、オバちゃんには若干キツイものがある~(爆)

 とはいえ来週も楽しみです♪





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

映画《追捕 Manhunt》予告動画 [他番組・他明星]

 西村寿行による長編小説『君よ憤怒の河を渉れ』の2度目の映画化、ジョン・ウー監督、福山雅治&チャン・ハンユー主演の《追捕 Manhunt》公式予告動画がアップされたんですね。


Manhunt (directed by John Woo) - International Trailer 寰亞電影《追捕》國際版預告片

導演 : 吳宇森
領銜主演 : 張涵予 福山雅治 戚薇 河智苑
友情演出 : 國村隼


 出演は日本人のほかに中国人&韓国人と国際色豊か、しかも何人か分かり易いスタイリングのままですが、劇中の言語はどうなっているのか興味あります。


 メイキング動画。
MANHUNT メイキング映像 福山雅治 追捕


 これだけ動かないとこういう映画は撮れないということですね。アクション、別の映画でこの間はトム・クルーズがアクション中に壁にぶつかって骨折、全治4か月のケガだったかな…アクションは日々の鍛錬があっても怪我をしてしまうことがある、俳優さんたちは命がけですね。


 公式ポスター



 公開日が早まったらしく台湾は今年9月28日、中国は9月30日公開とか。
https://actionstarnetwork.wordpress.com/2017/07/28/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%BC%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E3%80%81%E7%A6%8F%E5%B1%B1%E9%9B%85%E6%B2%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%A6%E3%83%BC/



 ここまで心を入れて一生懸命作品を作り上げても大ヒットするかどうかはその時の運もある…厳しい世界ですね。


 福山さんは9月9日から他の映画公開も控えていて。
福山雅治×役所広司×広瀬すず 映画『三度目の殺人』予告公開


 結婚されて、熱狂的な女性ファンは減ったかもしれないけど、作品を生み出し結果を出せていればそこに付くファンはあり続ける。。。中華圏はそういう感じかなと思って見ていますが、日本はどうなんでしょうね?


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

中国史劇《花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~》第9話まで見た♪ [他番組・他明星]

 第四話に続き第九話まで視聴しました♪

 LaLaTVのHP
花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~
http://www.lala.tv/programs/the_journey_of_flower/


 チャッ!昔の回想シーンでゴレンジャーのように登場した五上仙、かつてこんなことが…



 操られて悪事を働いていた父親を五上仙の中の1人に殺されてしまった子供…これが…


 異朽君だった…!




 異朽君、声といいマントといいお面といいダースベーダーのようだ~

 そして異朽君の父を殺してしまったこの五上仙の中の1人は、顔を隠して花千骨を救ったり異朽君の部下と喋ったり白子画を攻撃したり、一体今はどういう立場なのだ…?


 他のメンバー五上仙の中の女子は白子画を愛してる、また他のメンバーと五上仙の中で変な三角関係になっているらしい…。

 
 いつも花千骨のピンチを救ってくれる金ちゃんこと(←私が勝手に言ってるXD)東方彧卿、白子画は怪しい人だと思ってる。


 そういえば水浴びをしていた花千骨と知り合い異朽閣へ行ったら情報が得られると教えたのは金ちゃんだったか?どうしてあそこに居たんだろう。まさか異朽閣側の人?


 亡き清虚道長の弟子のこの↓2人が顔が瓜二つ、一方は傷を付けられても全く怪我をしない、そしてもう一方がその怪我を請け負ってしまう…なぜ…?




 七殺派を率いる殺阡陌は愛する妹を犠牲にしてしまい…



 それからは世界征服のような野心とは関係なく生きているらしい…。でも七殺派は白子画率いる長留と敵対しているようだけど…
 殺阡陌は花千骨と知り合って彼女から「姐姐」と呼ばれて彼女を気に入る。




 花千骨には優しいちょっとズレている切れキャラ「姐姐」、今のところ好きなキャラです♪


 最初は親友だった満天、今は意地悪になっちゃった。花千骨が蜀山の掌門(一番偉い人)だったから?



 色々あって蜀山の掌門のまま白子画の弟子に戻った花千骨。試合に出て勝ち残ったら白子画の内弟子になれる。頑張っているが剣がいうことを聞かない。


 杖を調教するので有名なのはハリーポッターもだけど私がすぐイメージしたのは漫画クリスタルドラゴン、あれってもう最終回を迎えたかなあ。




 遠ざけたいのに近くにきてしまう運命のようで…。来週は弟子たち対戦の試合が始まります。今は実力不足の花千骨だけどこの展開はきっと内弟子になるんでしょうね。



 SPOさんのサイトに登場人物図
http://www.cinemart.co.jp/dc/c/hanasenkotsu.html


 今のところ登場人物もストーリーも琅琊榜(ろうやぼう)より簡単なかんじですね。来週も楽しみ♪



 画像容量が無いこのブログに画像をアップするために微博に一旦画像をアップしてリンクしているのですが、微博で花千骨とタグを付けたらコメントを入れてくださった中国版視聴済の方々がいらして。たぶん花千骨ファンの方はもし存在するならば大陸版よりも完全に近い最終回をお探しなのかな、日本放送分は大陸版と同じかどうかと聞かれました。もし日本のものが完全版だったら日本の公式サイトでそれを宣伝文句にするだろうから大陸版と同じだと思うとお返事したら別の方がそれを見て「最後のほうは訳わからないから覚悟して見た方が良いよ~」とコメントをくれました。あと「白子画の表に出さない愛や花千骨の愛らしさ、こういう子弟関係はきっと日本人も好みだと思うわ。」とコメントを入れてくれた方もいました。海外の作品や明星について海を越えてお話出来るのは嬉しいです♪


 そうだ、今まで見た中国時代劇に出てくるこういう引きのシーン、一秒もないぐらいなんだけど、こういうのを入れることによって空間が広く壮大になりますね。



 日本のファンタジー、例えばドラマ化された「精霊の守り人」は空間が狭い印象だったから。そういえばこういう広いショットが無かったなと思いました。



追加
 14話まで見た♪
http://2100womangirl2.blog.so-net.ne.jp/2017-08-17-1



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

NHK SONGS 第432回 ディーン・フジオカ スペシャルを見た♪ [他番組・他明星]

 おディーンさん、昔からうっすらヴァネス繋がりで存じてはおりましたが、作品という作品を視聴しておらず聞いておらず(對不起)、今日初めてディーンさん関連の番組をしっかり見ることが出来ました♪

----------------------------------------------------------------------
SONGSホームページ→http://www6.nhk.or.jp/songs/prog.html?fid=170810

第432回 ディーン・フジオカ スペシャル
初回放送
総合 2017年8月10日(木)午後10:50 ~ 午後11:15

ディーン・フジオカの生まれ故郷・福島でのライブに密着。
ステージで流した涙!そこにこめられたディーンの知られざる故郷、そして音楽への思いに迫る。

去年、連続テレビ小説「朝が来た」で大ブレイクした俳優のディーン・フジオカ。
2005年の香港での俳優デビューを起点に、その後もワールドワイドに映画やドラマでの活躍を続け、
今年はいよいよ本格的に日本での音楽活動も開始し、7月には新曲を発表した。
そんな中行ったのが、ディーンが生まれた福島県須賀川市でのスペシャルライブ。
番組では、ライブの舞台裏に加え、俳優・ミュージシャンとして多忙な日々を送るディーンの活動に密着した。
ディーンは今回のライブで自身が手がけた楽曲「Priceless」と「DoReMi」に、
地元の小中学生が合唱として参加してもらうよう呼びかけた。
「Priceless」はディーンが東日本大震災の直後、生まれ故郷福島に思いを馳せて作曲した楽曲で、
一方「DoReMi」は福島はもとより全世界の未来を担う子供達に未来を明るく変えていく力を与えたいと願った楽曲で、
今回のライブで地元の子供たちと一緒に歌うことを強く願ったのだ。
子供たちとの共演のステージ上で、ディーンの目には涙が…。
そこにはディーンが俳優そしてミュージシャンとして、海外での経験を積んできた中で培った熱い思いがこめられていた。
------------------------------------------






 急にあの新潟はどうしてポニョだったんだろう?と思い出した。



 辛い時は辛いと言えて平静を保てる強さ。




 ミュージシャンはステージに立つときに必ず運命共同体の仲間がいて。F4ジャパンツアー思い出す~



 今の環境は忙しくて大変なことも多いでしょうけれども楽しんでいるように見えました。


 捉えきれないほど満面の、画面いっぱいの笑顔。




 若い時は不安定な時もあったと噂で聞いたことがありましたけど、今は全然そういう感じに見えませんね。
 歌が好きでそれを仕事にした方は、それまでも歌は生活の中にあって、既に生活の一部だから毎日自然と仕事について考えていて、ファッションも行動も全てがステージに繋がっていて、ライフワークというか。
 芸術肌の方だと若い時は一つ一つを極めることに集中しすぎて心も身体も使い切って疲れてしまう、でも経験を積んでゆくと、風邪をひいた時はその中でベストを、寝不足ならその中でベストを、その後のことも考えながら今出来るベストの選択をして毎日続けていくことが出来るようになる、それがプロというものだ、と聞いたことがあります。
 ディーンさん今度は初主演の新ドラマが始まるそうで、またまた超多忙になるんでしょうけれども、心身疲れさせすぎないで今の笑顔のまま、上記でいうプロの仕事人であって欲しいなと思いました。もう既にそういう貫禄がありますね。これからのご活躍も遠くから見させてもらいます~


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

203日後に復帰アンディ・ラウ [他番組・他明星]

 アンディ・ラウ(劉德華、華仔)が落馬して重症を負ったのは今年1月でした。





 今朝の蘋果日報によると、あれから203日後の昨日、新映画《俠盜聯盟》の北京プロモーションで公に姿を現しました。少し前にアテレコに入った姿をキャッチされていましたが事故以来公式には初めて。小走りでステージに上がり「僕は元気です。半年間皆さんに心配をおかけしてしまって申し訳なかった。」とコメントしたそうです。  

華仔 墜馬203天神跑步 笑看舒淇馮德倫咬耳 | 蘋果日報
華仔 墜馬203天神跑步 笑看舒淇馮德倫咬耳 2017年08月09日





 記事によると今日は台湾での映画のプロモーションに参加するらしいです。体調に気を付けて無理のないように活動して欲しいですね。あとこの映画のプロモには旭迷の中でも少し話題になったであろう舒淇(スー・チー)と馮德倫ご夫婦も一緒に姿を現しました。結婚してから2人は子供が出来たとか離婚するとか毎回色々と記事にされていました。記事には2ショット画像もあります。

 アンディ、闘病中はパパラッチ等に狙われて大変だったでしょうけれども、確か落馬時の広告は使って構わないと発言する等、流れてくる報道は流石な大明星でした。まだ後遺症等はあるかもしれませんが順調に回復しているようですし元気な姿を見せてくれて良かった。回復と復帰と、おめでとうございます。


追加
 8/10映画プロモ、台北に現る。95%回復したところ、「今は座骨神経がちょっとね、時間がかかる、医者も1、2年必要と言ってました。でも普通に動くのは大丈夫、筋肉も骨もOK」。



 変わらず綺麗なお顔とオーラがありました。座骨神経は1、2年必要…(>_<)ここまで強靭な精神で回復してきたことが分かります。

続きを読む


タグ:劉德華
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

中国史劇《花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~》第4話まで見た♪ [他番組・他明星]

 第一話に続き第四話まで視聴しました♪

 LaLaTVのHP
花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~
http://www.lala.tv/programs/the_journey_of_flower/



 昔見た西遊記(マチャアキさんの)等を思い出す背景。娘が「ママはファンタジーも見るんだね。ヨシヒコに似てるね。」と。確かに似てる!




 こういうの、日本のドラマだとしたら私も受け入れられないかもしれないけど、中国モノだからか?すんなり見られますね。

 イタキスの法則再び!?ウォレス・フォ演じる白子画はまるでツンデレ直樹、チャオ・リーイン演じる花千骨はまるで琴子、演技もアリエルがかってる。白子画を慕うデキる女ライバルもいて(イタキスだとティファニー・シューの役どころか)、花千骨を慕う、イタキスの金ちゃんのような役柄もあった。


 のが、この金ちゃん!第四話に来て、、、ただの金ちゃんじゃなかったみたいね。一体何者???(わくわく)

 白子画のライバル?こういう切れキャラ好きです♪


 花千骨と友達になった女子。美人さん♪


 このデキる男は何者なのだ?今のところ悪い人には見えないけど。


 四話のラスト、悪役が手を広げて「はーっはっはっはっは!!!!!」という割と戦隊ものによくあるタイプの終わり方でした。




 夜見ているので画像に我が家の照明が入りまくっていてゴメンナサイ(汗)

 で、まだ物語はそんなには動いていないですかね。

 白子画にとって死をもたらすほどの凶悪の原因であるらしい花千骨、彼女の血は生き物を殺してしまうほど、なのに純粋で無欲。元凶から逃れるためには彼女を抹殺するしかないと師匠から助言を受けている白子画だが、何とかして彼女を傷付けないままに遠ざけようとしているところ。なのに彼女は難試験をパスしてとうとう彼の一門の弟子になってしまった。運命には逆らえないのか?また来週ですね♪


 この子はこのまま可愛いキャラでいてくれるのかしらん?



追加
 9話まで見た♪
http://2100womangirl2.blog.so-net.ne.jp/2017-08-12


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

リン・チーリン、ファッション誌《VOGUE》で話したこれからの恋愛 [他番組・他明星]

 最近はマライアの恋愛依存の体重増減とか、シングルマザーで不倫の政治家とか…恋愛に左右されすぎて生きている女性の話題を目にしすぎた。。。チーリンは仕事を大切に生きていて安心感すら感じるようになりました(私が個人的にですXD)



 というわけでVOGUEからの抜粋の記事があったのでアップ。

[ペン]8/2 林志玲(リン・チーリン):運命の人と巡り合ったら公開したい
林志玲:遇到「對的人」願意公開 - 中時電子報
林志玲:遇到「對的人」願意公開 2017年08月02日 20:49 中國時報記者/洪秀瑛


 少し前にファッション誌《VOGUE》の表紙を撮影した林志玲(リン・チーリン)、5パターンのスタイリングは彼女らしい優雅な気品が保たれていた。インタビュー中、彼女の女の子らしい一面が垣間見えた。彼女は元々リアルバラエティー番組の撮影でモロッコに10日間滞在していて、その時は共同トイレに共同部屋、睡眠時もカメラで撮られていたほど。彼女はモナコに着くや自分のトイレとプライベート空間があるを見て、バスでリラックスできると思い、嬉しくて仕方が無かったという。

  チーリンの恋愛についてはずっと世間から注目されている。チーリンもかつては周りに人がいないために焦っていたが、しかしずっとブレずに精神的な繋がりを重要視している。彼女は、神様が自分に与えてくれたものはとても多くあって、だからもし愛に恵まれないとしてもそれは多分運命なのだと、自分を一生懸命慰めているという。

 愛渇望を隠せないチーリン、彼女は笑いながら、こんなに長く並んで待ったんだから愛を得られるチャンスがあるはずと言い、「女子はたぶん、自分で出来ることがどんどん増えたなと感じていながらも、やっぱり脆い時があって、すごく脆くなっている時には、もし誰かが自分の手を引いてくれたなら、肩を貸してくれる人がいたならば、きっと大きな困難も乗り越えられると感じるんです。愛を渇望するのは寂しいからじゃなくて誰かに大事にされたいんでしょうね。」と話した。

 もし運命の人に出会ったら公表する?チーリンは笑いながら「私は嬉しくて彼と手を繋ぎ道を歩くでしょうね。それからスタッフに言いますよ、さあ写真をお願い!と。そしてFacebookにアップするでしょう。」。また彼女はもし本当に恋愛をしたならば必ず彼女サイドから実証すると強調、「そうでないものは全てデマですよ。」と話した。

林志玲:遇到「對的人」願意公開
林志玲:遇到「對的人」願意公開
林志玲:遇到「對的人」願意公開
林志玲:遇到「對的人」願意公開

----------------------


 VOGUE本編では確か、林志玲として生きてきてしまったし、これからもそう。これを受け入れられる男性は心の広い人じゃないと…と語っていたような。彼女の良さ(根っからの芸能人)を生かしながらパートナーとして一緒に歩んでくれる男性が現れるなら良いですね。手を繋いだ写真が見られる日を待っています。でも彼女が言っている通り、神様はいっぱい彼女に与えたのだから、一つぐらい無いものがあっても良いのかなとも思います。


(原文)


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

中国史劇《花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~》第1話を見た♪ [他番組・他明星]

 DVDが発売されていたのは知っていましたがLaLaTVでも放送されることになっていたらしく、このチャンスを生かして私も本日より視聴を始めました♪

 LaLaTVのHP
花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~
http://www.lala.tv/programs/the_journey_of_flower/


 もうDVDも発売されていてBOX3は明日発売なんですネ。
【予告編】「花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~」


1

2

3




 このドラマは最終回付近のカットが酷すぎて(中国TV界の大人の事情らしい)、それまでその年のNO1かという盛り上がりを見せていただけに、それはそれは視聴者を失望させたドラマでしたが、でもそれまでもある程度人気があった霍建華(ウォレス・フォ)と趙麗穎(チャオ・リーイン)をさらに人気爆上げにした超伝説のドラマでもあるので見てみたいなと思ってました♪


 中国時代劇(韓国もか)を視聴する習慣がない私は中国時代劇《琅琊榜〜麒麟の才子、風雲起こす〜》に続いて2作目の時代劇です♪


 話には聞いていたけども戦隊というか仮面ライダー的な(笑)


 いやウルトラマンかもしれない。


 ショッカーの秘密基地?


 見惚れる演技がなんとも分かり易すぎる(笑)





 と、慣れないことが多いですが(笑)、ドラマの感動はこういう上辺じゃないんですよね。当時の中華圏の反応を思い出しながらしっかり見ていきたいと思います。

  あのウォレス・フォ、そしてあの!チャオ・リーインが出演しているというだけで視聴意欲そそられますし(笑)毎日頑張ろうっと♪


追加
 第四話まで見た♪



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

スンリ [他番組・他明星]

 BIGBANGのスンリ(V.I)って確か日本語ペラペラで前はよく日本のバラエティーにも出演してましたよね。昨年2016年3月に台北のクラブにいてたまたま違う席にジェリさんもいたと報道があって、女性関係が華やかという噂があるし、きっと中国語も喋れるのかな~とは薄々思っていたんだけど、うん!流石ですね~~!昨日台北で彼が代表で來台したのかな、BIGBANG10周年展示会の記者会見があったようで、司会はお馴染み黃子佼(ミッキー・ホァン)としっかり会話してました。






 BIGBANG、確かこの間誰か何かしでかしていたような?グループ(ユニット?)が何人なのかすらも知らないんですけどね…(爆)





 
タグ:勝利 BIGBANG
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

台湾ドラマ「CSIC TAIPEI科学捜査班」試写会イベント [他番組・他明星]

7/26追加----------------------------------
 台湾新聞BLOGさんよりこの日のレポートが出ました。
「CSIC TAIPEI科学捜査班」日本版DVDがリリース!→ http://blog.taiwannews.jp/?p=40281
---------------------------------------------------



 今日は虎ノ門まで台湾ドラマ「CSIC TAIPEI科学捜査班(CSIC鑑識英雄)」試写会イベントに行って来ました。今日娘は合宿中、都内だし旦那を付き合わせようと思ったら今日に限って出張、息子はまさにテスト期間で「ママに付き合っているヒマはこの二週間は無い」とキッパリ言われ(クスン)一人で行ってきました。



 整理券の順番に会場へ入るところ。定員100人のところ割とギッシリでしたね。

 棚には台湾関連のものが♪





 気になっていたドラマでした。どうして気になっていたかというと、台湾ドラマではお見かけしなかったアカウント様だったこちらの呟きと。。。



 台湾情報通の皆様にはおなじみのアカウント様の呟きと。。。



 アジアンパラダイス様の記事と。


 で、どうしてこのドラマに出会われたのか、買い付けをしようと思われたのか、そこら辺に興味を持ちましたが、そちらのお話はありませんでした。台湾エンタメ通の皆様にはお馴染み江口洋子さんのトークは興味深く楽しく聞かせて頂きました。トークでは以前からサイトで仰っていたような、日本は内容よりもアイドルドラマとか有名人が出ているドラマしか買い付けて貰えなくて。。。というお話しがありました。でも今では日本でも台湾ドラマの金字塔と言われる《流星花園》は、日本で放送された当時は出演者は誰も日本での知名度はなかったので、やはり今の台湾ドラマには何かビビビと来る点が今一つなのかなと個人的には思いました。

 さて1話を視聴させて頂いて感じたのは、カメラワーク、編集等が台湾ドラマ《痞子英雄》に少し似ている(役柄は全然違うけど豆花妹の演技はあの時の陳意涵の演技を思い出した)、シーンに既視感がある、でした。この種は台湾ではお初という話だけれど、日本では沢山あって、私もそれを見ちゃっているので、どこかしこ見た事がある感、新人君が鑑識でグロい死体を見た後にご飯が食べられなくなっちゃうのも昔のアンフェアだったか、その前にもよくあったシーン。それから証拠を割り出していく方法も今イチ科学的感が乏しくて。あと犯罪者がお金持ちのお坊ちゃんっぽいんですが、取り調べ室らしき部屋に媽媽もいるのが「?」、そしてそういう母に育てられたからこういうダメ息子になった的なラストもちょっとステレオタイプすぎた~~。チームのリーダー?的なあの男性がどうして足を引きずることになったのか、それは知りたいけれど、そのためにあと何話もこういうエピを見なければならないかと思うと、私はどなた様かのレビューで済ませたいと感じてしまいました。でも私は《痞子英雄》も途中挫折しちゃっている人なので好みの問題ですかね。1話完結タイプですし好きな方は好きかもしれません。それに今は台湾需要が高まっていて、台湾で流行っている台湾俳優が出ているドラマを見たい!という方たちは多いでしょうし、そういう方には興味深く面白く見られるドラマだと思います♪ 

 今回はこういった普通なら日本で販売されないであろう台湾人気ドラマを買い付けてくれた会社の心意気を感じた江口さんが、進んでトークイベントで応援協力したいと思ったとのこと。台湾の良質なエンタメを日本に届けようという気持ちが見えて凄いな素晴らしいなと思いました。いつか私にも合うタイプのドラマや映画がその流れに乗ってくれると良いのですが(!)

 トークで少し触れて下さっていましたが大ヒットした《通靈少女》、これ日本のどこかで放送してもらいたいな~♪台湾ドラマの中では今一番興味があります。


 頂いたチラシ。





 お勉強になるイベントをありがとうございました[揺れるハート]




<内容紹介>
果たして証拠がすべてなのか、証拠の裏に潜む真実を突き止めろ!

凶悪犯罪に立ち向かうCSIC(Crime Scene Investigation Center)科学捜査班の活躍を描いたアクションテレビドラマシリーズ。最新の科学捜査を駆使して姿なき犯人を追う。物語は1話完結だが、シリーズを通して指揮官の過去やメンバー同士の絆・ロマンスが語られる。

★特典映像
〇番組宣伝用プロモーション映像、キャストインタビューなど計35分をボーナスディスクに収録。

★台湾のテレビ局「中視」で2015年4月10日から2016年9月まで、毎週金曜日夜10時から2時間枠で2話つづ放送された。
★台湾版エミー賞と称される台湾最大のテレビアワード「第50回金鐘奨」6部門ノミネート。トムー役のスー・ダー(蘇達)が助演男優賞受賞。
★台湾で歌手・モデルとして活躍中のキャスト陣が顔を揃えた。台湾では異例といえる巨額の制作費を投じ、ディテールを追求した特殊メイクと視覚効果CGは圧巻。

<キャスト>
ジェイソン・ワン(王識賢)
カート・チュー(周孝安)
ジャネル・ツァイ(蔡淑臻)
スー・ダー(蘇達)
ツァイ・ホワンルー(蔡黃汝)
テレサ・チー(紀培慧)
ダニエル・ツァイ(蔡力允)
チェン・ユーアン(銭兪安)
エンジェル・ホー(何以奇)
タオ・チュワンチェン(陶傳正)

<スタッフ>
プロデューサー:グー・チャオ(顧超)
監督:ジャン・シウチョン(張修誠)/ライ・モンジェー(頼孟傑)
脚本:チェン・ジアジョン(陳嘉振)


第1話「証拠が物語る」 半年前の交通事故を再捜査。すでに痕跡が消えた現場から真実を突き止める。
第2話「2人の第一容疑者」 容疑者は同じDNAの双子の兄弟。どちらが真犯人なのか?
第3話「死体なき殺人事件」 血痕だけで死体がない犯行現場。被害者の血痕だけで犯人を特定できるのか?
第4話「毒に潜む真実」 レイ隊長の恩師が容疑者となった。レイ隊長は私情を捨て真相を追う。
第5話「血の繋がり」 CSICメンバー、ジニーの弟に嫌疑がかけられた。ジニーは辞職して姉として弟の潔白を晴らす。
第6話「もう一人の自分」 容疑者を訊問すると複数の人格が現れた。多重人格者の過去に潜む謎とは?
第7話「凶器は香り」 一酸化炭素中毒の事故死と思われたが、アロマオイルを巧みに使った殺人事件だった。
第8話「美の追求」 トップモデルが殺された! ライバルのモデルが犯人と思われたが、真犯人が存在した。
第9話「ハッピーキャンディー」 末期ガンの少女がビルから飛び降りた。死体から覚醒剤の成分を検出、自殺か他殺か?
第10話「誰かが見ている」 男が不審な自殺をとげた。CSIC科学捜査班がサイバー犯罪に立ち向かう。
第11話「信頼と裏切り」 女性社長が誘拐され、容疑者の男が自殺した。捜査が進むと意外な真実が見え隠れした。
第12話「罪の意識・前編」 リン指揮官が10年前に担当した事件の関係者が相次いで死亡。リン指揮官に嫌疑がかけられた。
第13話「罪の意識・後編」 リン指揮官が逮捕された。CSICメンバー全員が指揮官の潔白を証明するため奔走する。


【DVD仕様】2015年/台湾/カラー/全13話(各話約47分)Vol.1(3話収録) Vol.2からVol.6(2話収録)、本編6巻+特典映像集ディスク・約35分(計7枚組)、16:9LB/片面2層1枚・片面1層6枚/音声:ドルビーデジタル2.0chステレオ/日本語字幕

※仕様は変更となる場合がございます。

(C)Wawoo Productions Corp.
発売元:発売元:ディメンション
販売元:TCエンタテインメント
発売協力:ピカンテサーカス


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能
前の10件 | - 他番組・他明星 ブログトップ