So-net無料ブログ作成

中国史劇《花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~》第9話まで見た♪ [他番組・他明星]

 第四話に続き第九話まで視聴しました♪

 LaLaTVのHP
花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~
http://www.lala.tv/programs/the_journey_of_flower/


 チャッ!昔の回想シーンでゴレンジャーのように登場した五上仙、かつてこんなことが…



 操られて悪事を働いていた父親を五上仙の中の1人に殺されてしまった子供…これが…


 異朽君だった…!




 異朽君、声といいマントといいお面といいダースベーダーのようだ~

 そして異朽君の父を殺してしまったこの五上仙の中の1人は、顔を隠して花千骨を救ったり異朽君の部下と喋ったり白子画を攻撃したり、一体今はどういう立場なのだ…?


 他のメンバー五上仙の中の女子は白子画を愛してる、また他のメンバーと五上仙の中で変な三角関係になっているらしい…。

 
 いつも花千骨のピンチを救ってくれる金ちゃんこと(←私が勝手に言ってるXD)東方彧卿、白子画は怪しい人だと思ってる。


 そういえば水浴びをしていた花千骨と知り合い異朽閣へ行ったら情報が得られると教えたのは金ちゃんだったか?どうしてあそこに居たんだろう。まさか異朽閣側の人?


 亡き清虚道長の弟子のこの↓2人が顔が瓜二つ、一方は傷を付けられても全く怪我をしない、そしてもう一方がその怪我を請け負ってしまう…なぜ…?




 七殺派を率いる殺阡陌は愛する妹を犠牲にしてしまい…



 それからは世界征服のような野心とは関係なく生きているらしい…。でも七殺派は白子画率いる長留と敵対しているようだけど…
 殺阡陌は花千骨と知り合って彼女から「姐姐」と呼ばれて彼女を気に入る。




 花千骨には優しいちょっとズレている切れキャラ「姐姐」、今のところ好きなキャラです♪


 最初は親友だった満天、今は意地悪になっちゃった。花千骨が蜀山の掌門(一番偉い人)だったから?



 色々あって蜀山の掌門のまま白子画の弟子に戻った花千骨。試合に出て勝ち残ったら白子画の内弟子になれる。頑張っているが剣がいうことを聞かない。


 杖を調教するので有名なのはハリーポッターもだけど私がすぐイメージしたのは漫画クリスタルドラゴン、あれってもう最終回を迎えたかなあ。




 遠ざけたいのに近くにきてしまう運命のようで…。来週は弟子たち対戦の試合が始まります。今は実力不足の花千骨だけどこの展開はきっと内弟子になるんでしょうね。



 SPOさんのサイトに登場人物図
http://www.cinemart.co.jp/dc/c/hanasenkotsu.html


 今のところ登場人物もストーリーも琅琊榜(ろうやぼう)より簡単なかんじですね。来週も楽しみ♪



 画像容量が無いこのブログに画像をアップするために微博に一旦画像をアップしてリンクしているのですが、微博で花千骨とタグを付けたらコメントを入れてくださった中国版視聴済の方々がいらして。たぶん花千骨ファンの方はもし存在するならば大陸版よりも完全に近い最終回をお探しなのかな、日本放送分は大陸版と同じかどうかと聞かれました。もし日本のものが完全版だったら日本の公式サイトでそれを宣伝文句にするだろうから大陸版と同じだと思うとお返事したら別の方がそれを見て「最後のほうは訳わからないから覚悟して見た方が良いよ~」とコメントをくれました。あと「白子画の表に出さない愛や花千骨の愛らしさ、こういう子弟関係はきっと日本人も好みだと思うわ。」とコメントを入れてくれた方もいました。海外の作品や明星について海を越えてお話出来るのは嬉しいです♪


 そうだ、今まで見た中国時代劇に出てくるこういう引きのシーン、一秒もないぐらいなんだけど、こういうのを入れることによって空間が広く壮大になりますね。



 日本のファンタジー、例えばドラマ化された「精霊の守り人」は空間が狭い印象だったから。そういえばこういう広いショットが無かったなと思いました。



追加
 14話まで見た♪
http://2100womangirl2.blog.so-net.ne.jp/2017-08-17-1



nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。